|
農業分野以外の方はこちら
ハウス内環境を『見える化』かんたん設置!ハウス栽培・植物工場向けワイヤレスセンサーネットワークシステム
図:製品構成 PC・スマートフォンでかんたんモニタリング

概要

画像:WEBサービス

WEBサービス※2

「ワイヤレスセンサーネットワークシステム」は、現場の環境を遠隔からリアルタイム※1で確認・管理するシステムです。

現場で測定した温度やCO2濃度などのデータをサーバー上で管理し、様々な機能・サービスを利用することができます。

たとえば、

朝起きて昨晩のハウス内の温度が知りたくなったら、スマートフォンで専用ページを開くだけで夜から朝にかけての温度推移を確認できます。

去年のデータを確認したくなったら、カレンダーで去年の日付をクリックするだけで過去の測定データを呼び出せます。

外出中でも、センサーが異常値を検出したら自動で携帯電話に警告メールを送信します。もし温度が異常に上昇していると警告を受けたら、スマートフォンでその場からハウスの窓をコントロールすることも今後可能になります。

製品は全てセットアップ済みの状態で出荷されるので、測定機器を設置し、ウェブブラウザで専用ページにアクセスするだけでシステムの利用を開始することができます。面倒な設定などは一切必要ありません。

※1 測定から表示まで約3分のタイムラグがあります

※2 画面はスタンダードプランのものです

製品概要

画像:親機・子機

「ワイヤレスセンサーネットワークシステム」は、様々なセンサーで測定を行う「子機」と、そのデータを集約しインターネットサーバーに送信する「親機」、インターネットサーバー上のデータをPC・スマートフォンで確認・管理するための「ウェブサービス」で構成されています。

「子機」は周期的に温度、湿度、照度などを測定し、データを親機に送信します。無線で通信するため面倒な配線は不要です。

「親機」は子機から受信した観測データを、インターネットサーバーにアップロードします。親機1台につき子機10台まで接続できるので、多点観測も可能です。

「ウェブサービス」では観測データの閲覧、各種設定から、過去の観測データのダウンロード、異常値の警報機能まで、様々な機能を提供しています。

警報機能

画像:警報機能

温度や湿度などの異常な上昇、低下をメールでお知らせする機能です。

設定した値を超えたり、下回ったりすると登録したメールアドレスに警報メールが送信されます(上限値・下限値はウェブで設定可能)。正常値に戻ったこともメールでお知らせします。

停電などで親機の電源が切れたり、親機がインターネットに接続できなくなった場合にも警報メールが送信されます。

カスタマイズ承ります。

親機・子機・ウェブサービス全て自社開発です。

カタログに載っていないセンサーの接続、
ウェブページのカスタマイズなど、
ご要望がありましたらお問い合わせください。